どのようなもの?

土地を貸すときには、定期借地権というものが設定されるのですが、これは借り手の側に発生するものとなります。これは、他人の土地を利用する権利というものになり、契約期間を終えると土地の貸し借り関係も終わるというものとなります。

定期借地権この定期借地権というのは、大きく分けると一般定期借地権、事業用定期借地権の2種類になります。一般定期借地権は、土地を貸す期間は50年以上、土地の使い道としては何に使っても良い、契約が終わったら、借り手が建物を壊して土地を更地で返すというものです。事業用定期借地権は、土地を貸す期間は10年以上50年未満で、土地の使い方は事業に使う建物しか建てることが出来ません。契約が終わったら、借り手が建物を壊し、土地を更地で返すというものになります。

つまり、土地を借りて住宅を建てたいという相手に土地を貸す場合には、一般定期借地権が用いられます。ただし、一度土地を貸してしまったら、50年間は自分で土地を使うことが出来ません。事業用定期借地権については、土地を借りて事業を営みたいという相手に対して土地を貸すときに設定されるものです。早ければ10年で土地が返ってきますから、近い将来転用しやすいというメリットがあります。自分でも何かしらの利用を考えているという人でも安心して貸し出せるというものです。