メリットについて知る

定期借地権を使うことにより、人に土地を貸すことになるわけですが、これにはメリットがたくさんあります。どんなメリットなのでしょうか。

まず、安定収入を確保できるという点です。定期借地権は、50年土地を貸すことになりますから、長期間にわたり安定収入を得ることが出来、固定資産税を差し引いたとしても、必ず収入はプラスになります。また、持っている土地を貸すだけですから、初期費用はかかりません。土地を遊ばせるのはダメだけど、リスクを負うのはちょっとという方には土地貸しが良いというわけです。

土地土地を貸した場合には、固定資産税は最大6分の1に現在されます。条件としては、貸した土地に住宅が建つというものです。節税目的の場合には、土地を借りて住宅を建てたいという人に貸すことです。また、土地を貸した場合には、契約時にまとまったお金を手にすることが出来ます。そして、契約期間が終わると貸した土地は更地で戻ってきます

この時の費用は全て借り手持ちになりますから、負担は一切ありません。その後も計画的な土地活用が出来るというわけです。もちろん、土地を貸した後の土地の管理も行ってくれますから、手間という手間を省くことが出来ます。また、相続税を減らすことが出来るというメリットも持っているのです。