メリットについて知る

定期借地権を使うことにより、人に土地を貸すことになるわけですが、これにはメリットがたくさんあります。どんなメリットなのでしょうか。

まず、安定収入を確保できるという点です。定期借地権は、50年土地を貸すことになりますから、長期間にわたり安定収入を得ることが出来、固定資産税を差し引いたとしても、必ず収入はプラスになります。また、持っている土地を貸すだけですから、初期費用はかかりません。土地を遊ばせるのはダメだけど、リスクを負うのはちょっとという方には土地貸しが良いというわけです。

土地土地を貸した場合には、固定資産税は最大6分の1に現在されます。条件としては、貸した土地に住宅が建つというものです。節税目的の場合には、土地を借りて住宅を建てたいという人に貸すことです。また、土地を貸した場合には、契約時にまとまったお金を手にすることが出来ます。そして、契約期間が終わると、貸した土地は更地で戻ってきます。この時の費用は全て借り手持ちになりますから、負担は一切ありません。その後も計画的な土地活用が出来るというわけです。もちろん、土地を貸した後の土地の管理も行ってくれますから、手間という手間を省くことが出来ます。また、相続税を減らすことが出来るというメリットも持っているのです。


どのようなもの?

土地を貸すときには、定期借地権というものが設定されるのですが、これは借り手の側に発生するものとなります。これは、他人の土地を利用する権利というものになり、契約期間を終えると土地の貸し借り関係も終わるというものとなります。

定期借地権この定期借地権というのは、大きく分けると一般定期借地権、事業用定期借地権の2種類になります。一般定期借地権は、土地を貸す期間は50年以上、土地の使い道としては何に使っても良い、契約が終わったら、借り手が建物を壊して土地を更地で返すというものです。事業用定期借地権は、土地を貸す期間は10年以上50年未満で、土地の使い方は事業に使う建物しか建てることが出来ません。契約が終わったら、借り手が建物を壊し、土地を更地で返すというものになります。

つまり、土地を借りて住宅を建てたいという相手に土地を貸す場合には、一般定期借地権が用いられます。ただし、一度土地を貸してしまったら、50年間は自分で土地を使うことが出来ません。事業用定期借地権については、土地を借りて事業を営みたいという相手に対して土地を貸すときに設定されるものです。早ければ10年で土地が返ってきますから、近い将来転用しやすいというメリットがあります。自分でも何かしらの利用を考えているという人でも安心して貸し出せるというものです。


定期借地権とは

定期借地権という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは、平成3年10月に新借地借家法が成立し、平成4年の8月1日から施行されることによって制度化されています。従来からの更新が認められる借地契約のことを普通借地権と呼ぶのですが、これに対して新設された借地契約のことを定期借地権と呼ぶのです。

契約書この2つの違いというのは、簡単に言うと借地期間満了後に更新が認められるかどうかという点にあります。定期借地権は更新されない借地権、普通借地権とは更新される借地権のことを言います。そもそも、借地権というのは、建物の所有を目的とする賃借権、および地上権のことを言います。普通借地権の場合は、当初の契約期間は30年、1回目の更新は20年、それ以降の更新になると契約期間が10年とされています。これは、期間が定まらなかった場合の数値になりますから、これ以上の期間を契約することを妨げるものではありません。

契約満了時に、更新を拒絶する正当な事由が地主になければ、地主は契約高死因を拒絶できません。借地人が希望すれば契約は自動的に更新されます。これが普通借地権であり、定期借地権の場合は、契約期間が終わると、土地の貸し借り関係も終了するというもので、文字通り定期、定められた期間での借地ということになります。

では、ここでは、この定期借地権について知っていきましょう。あまり聞いたことのない人もいると思いますが、いざというときのための知識として身に着けておくと良いかと思われます。